header

これ更年期障害かしら

更年期は50才前後(45才~55才)に閉経を迎える時期です。この時期に原因となる疾患がなく様々な症状が出ることを更年期障害と言います。たとえば最も多い症状はほてり・のぼせ感・発汗・冷え・動悸・肩こり・頭痛などの不定愁訴です。

  • 検査

ホルモン検査・更年期テスト・心理テスト

  • 治療

婦人科ではホルモン補充療法が一般的ですが、患者さんは乳がんや子宮体癌を心配する人が多いです。

  • プラセンタ注射

私はまずは患者さんとよく話をして副作用がないプラセンタ注射がとても効果的です。年齢が40才から60才の女性なら保険適用ができて、健康保険では注射代と再診料代で1回500円ぐらいで治療できます。週2~3回注射すると効果的です。お勧めしたいのは40才からプラセンタを注射すると更年期障害も軽い症状で終わる可能性があります。

なんでも相談してください

疲労感・倦怠感・肩こり・頭痛・不眠・冷え性・食欲不振・吐き気・動悸・便秘・下痢・めまい・耳鳴り むくみ・息苦しさ・口渇・しびれ感・イライラ感・うつ気分・情緒不安・記憶力低下・判断力低下・ 持病・他科疾患・人間関係・社会不安
疲労感・倦怠感・肩こり・頭痛・不眠・冷え性・食欲不振・吐き気・動悸・便秘・下痢・めまい・耳鳴り むくみ・息苦しさ・口渇・しびれ感・イライラ感・うつ気分・情緒不安・記憶力低下・判断力低下・ 持病・他科疾患・人間関係・社会不安

婦人科系症状・疾患、内科系疾患以外だとしても、
気楽に相談に来てください。

遠慮せず、なるべく多くの症状を話してみてください。
可能なかぎりの症状の説明や検査・治療の方向性などを説明します。

病気によっては、連携病院に直接検査を予約し、
専門医を紹介いたします。

院長の頭の中

あなたの症状と院長の頭の中

患者さんがクリニックを受診したとき、
私(院長)が頭の中で何を考えているかを書いてみました。

初診で来た患者さんに最初に会った時は、
まずは患者さんの顔を見て健康状態を瞬時に察知しようとします。

患者さんの訴えを聞いて早く治さなければと様々な検査と治療が頭に浮かんで来ます。

再診で来られると、私の頭の中では治ったかと心配になります。

良くなっていれば、ホッとします。
治ってないとと考えてしまいます。
臆病な頭の中です。

でも外来は毎日色々な方が来てくれるので実に楽しいものです。